>>楽天GORA<<

人気のゴルフ教材!

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】


トッププロのキャディーを務める作者が狙ったところへボールを飛ばせる極意を伝授!

ゴルフ100切りのコツ

「飛距離を伸ばすことができないから100切りは難しい」
と諦めていた私。
体は大きくなく、パワーがありません。
かと言って優れたテクニックがあるわけでもありません。

そんな私でもスコア100切りを達成できました。
どうやってスキルアップすることができたのか、実践してきた中で身につけたコツやポイントを紹介しています。

100を切ることはコツを掴むことができれば
十分に達成可能です(もちろん、達成するための早い・遅いの個人差はありますが)。

当サイトを参考にして、100が切れなくて悩んでいれば、
参考に幸いです。

ゴルフ100切り人口

ゴルフ100切りの人口はどれくらいでしょうか。
ビックデータがないので、正直わかりません。
というかほとんどの人が知らないでしょう。
私の周りの仲間は約20名。
そのうち100をコンスタントに切る人は10人ぐらい。
とうことは50%。


けれども、ゴルフで100を切る人口が50%は感覚的には多く感じますね。
インターネットでいろいろ調べてみると、何となく参考にはなりそうなサイトがありました。ちょっと古いデータではあります。


男性:45.4%
女性:22.1%



8,053人から回答を得たアンケート結果です。


年数、始めた年齢、性別、年収、仕事など様々な要素があります。
人のスコアは気にしないで、自分がコンスタントに100を切ればいいだけですからね。

ゴルフ100切り練習

トリプルボギーが出たら原因究明を行うこと
ゴルフ100切りという目標を決めたはいいけれども、
目標を立てただけでは上達することはできません。

なぜ失敗したか?
トリプルボギーになった原因を見つけ、改善して、
次のプレーに活かしていきましょう。

目標 → 実践 → 改善

の繰り返しになります。

トリプルボギー以上の場合、そのホールでのミスはあるはずです。
バンカーでの失敗、OB、3パット、4パットなどなど。
致命的なミスはどこだったのか?

改善のプロセスは、

ミスの原因を把握 → 対策(マインド、練習、打ち方等)→ 実践

という感じでPDCAサイクルを意識すれば、上達も早くなってくるでしょう。

ゴルフ100切り 攻略 打ち方

手軽に楽しめるスポーツですが、100切りを目指すとなると奥深いスポーツだと身にしみて感じてきます。
例えば、スイングの理論ですが、アマチュアが自己流のスイングばかりしていても上達しません。
私が知り合いのレッスンプロに聞いたところ、スイングについて3つの打ち方の理論を教えてくれました。
一つずつ攻略していきましょう。


ひとつは、体の回転速度。
スイングは、体全体を回転させてボールを飛ばすことが基本となります。
アマチュアは腕が最も肝心だと思うかもしれません。
しかし、肘や手首などの手の部分以上に体全体の回転を意識してスイングすることが大事になります。。


次に腰の回転。
下半身に踏ん張りを効かせて、最後に上半身に粘りを持たせて勢いをため込みます。
その溜め込んだ回転力でボールまでのスイングをします。
上記のように腕だけで打つような軽いスイングでは、スイング理論とは程遠いことになります。


最後にヘッドスピードとインパクト。
回転を加えることでクラブを振るスイングスピードは速くなります。
体の回転と同様な考えてす。
これがヘッドスピードといいます。
ヘッドスピードが速くなることでインパクトした時の衝撃が大きくなります。
自ずと大きな飛距離の伸びにつながってきます。
ポイントとしては、綺麗にインパクトできるかどうか。
ゴルフ100切りの攻略としては正しいレンスイングと地道な練習の積み重ねが大事になります。